MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療 > むちうちになった!後遺症が…!治療費は? 自賠責保険の役割とは

むちうちになった!後遺症が…!治療費は? 自賠責保険の役割とは

2017.03.04 | Category: 交通事故治療

こんにちは!

 とふろう整骨院上吉(うえよし)です。

 

二回目の投稿となりましたが名前は憶えて頂けたでしょうか?

 

さて、今回は『自賠責保険の特徴』についてご説明させて頂きます。

 

 まず自賠責保険が何なのかというところから始めましょう。

自賠責保険は略称で正式には 『自動車損害賠償責任保険』 といいますが、ここではそのまま自賠責保険とさせて頂きます。

 

前回も述べた通り、自賠責保険は車を購入した際に必ずこの保険に入ることが法律で定められています。

 

もし自賠責保険に入ってないかったり、有効期限が切れていたりしたら

 『1年以下の懲役、または50万円以下の罰金』

さらに自賠責保険証明書の不携帯で

 30万円以下の罰金』

となってしまうので十分にお気をつけ下さい。

 

 

次に保険の適用範囲についてご説明します。

自賠責保険

 『ケガや後遺症、または死亡させてしまった、等』 " 他人を " 補償(治療費、慰謝料、休業補償、交通費など)する保険

と前回述べました。

 これに付け加えて前提条件としてあるのが『自動車の運行中である』という事です。

 

  「運転中に事故が起こるんだから当たり前じゃないか」

 

と思われた方もいるかと思いますが、この ” 運行 ” には自動車の運転中も含め車が動いていない時の事故(例えば「車から降りようとドアを開けたら人にぶつかってしまった」など)の時にも適用されます。

 

 

 次に注意したいのは自賠責保険は 

   他人(※1)に対する補償、人身事故にしか適用せず、つまり対人賠償に限られる ということです。

   (※1)…他人とは自分以外という意味ではなく、運転者と自動車の持ち主以外という意味です。

 

 補償内容は相手が・・

 

  ケガをした場合  治療費、慰謝料、休業による損害、交通費など

 

  死亡させた場合  治療費、慰謝料、葬儀費用、死亡する間に被った損害費など

  

  後遺症障害の場合  負傷と後遺障害の慰謝料、後遺障害確定までにかかった費用など

 

  などなどです。

 

  自分のケガの治療費やブロック塀を壊してしまった場合や車の修理代などは補償されません!

 

 

 1つ例をとってみてみましょう。

  AさんとBさんが一緒の車でドライブに行きました。

 車はBさんのものですが運転者はAさんです。

 そこでちょっとした不注意でCさんの運転する車にぶつけてしまいました。

 Cさんはむちうちで全治1か月、命に別状はありませんでしたが後遺症があり定期的に病院に通院することになりました

 Aさん、Bさんも軽いけがで済み、通院が必要です後遺症はありませんでした

 Bさんの車、Cさんの車も修理が必要なほど破損してしまいました

 (このとき事故の過失割合などで金額が変わってきますが、ここでは省きます。)

 

 このとき

 Bさんの車の自賠責保険からは 

 

   Cさんのケガに対する 治療費、交通費、慰謝料、雑費

   Cさんの後遺症に対する 慰謝料、後遺症で生じた損害費用、雑費

 

 Cさんの車の自賠責保険からは

 

   A,Bさんのケガに対する 通院、治療費、交通費、雑費  が補償されます。

 

 

 逆に各々の自賠責保険で補償されないのは

 

  Bさんの車の修理費 (自賠責保険の補償対象外)

  Cさんの車の修理費 (自賠責保険の補償対象外)

  Bさんの自賠責保険からはA,Bさんの治療費などが補償されず

  Cさんの自賠責保険からはCさんの治療費、後遺症の損害費用などは補償されません。

 

 

しかも自賠責保険の補償費には限度額が設けられており、

概ね120万円(※2)までとなっています。

(※2)過失割合によって異なる場合があります。

 

 

「じゃあ車の修理代は自分で払わないといけないの!?」

 

「限度額を超えた治療費はどうするの?」

 

 

 

などなどあるかと思います。

 ・・・そこで登場するのが任意保険!・・・なのですがそれはまた後日改めてご説明します。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回は「任意保険とは何か」について説明します。

 

 

 

 

 

アクセス

所在地〒818-0104 福岡県太宰府市通古賀3丁目16-15 陶山ビル1F
駐車場6台あり
予約しておりません。
電話番号092-922-8779
休診日GW、お盆、年末年始