MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療 > 事故で首が痛い!知らなきゃ損する任意保険の重要性

事故で首が痛い!知らなきゃ損する任意保険の重要性

2017.03.18 | Category: 交通事故治療

 こんにちは!

 とふろう整骨院上吉(うえよし)です。

 3月も半ばに差し掛かりそろそろ外も温かくなってくる頃でしょうか?

 ですが季節の変わり目は体調を崩しやすいものです。

 健康には十分にお気をつけください。

 

 

 さて前回は自賠責保険について説明させて頂きました。

拙い文章でしたがご理解いただけたでしょうか?

今回は予定通り「任意保険とは何か」についてご説明させて頂きます。

 

その①で簡単に触れましたが、任意保険

 

 『ケガの治療費や物の修理費を』” 自他関係なく ”補償する保険 です。

 

自賠責保険である程度までは補償してくれるのですが、長期に渡る治療費、大きく破損した車の修理費、相手への慰謝料など、自賠責保険だけではとてもじゃないですが賄えません。

そのようなときに必要となってくる任意保険は自賠責保険で補償できなかった「自分のケガの治療費」や、「車の修理費」などを補償してくれる頼もしい保険です。

 任意保険の加入は各々自由となっており、入っていなくても罰則はありませんが上記の治療費などの補償は受けられません。

ですので、その必要性から車を購入された方の約8割の方が任意保険に加入されていると言われています。

もしまだ入っていない、知らないという方は今回で任意保険重要性について知って頂ければと思います。

 

 次に任意保険の種類についてご説明させていただきます。

 任意保険は大きく3つのグループに分けられます。

『賠償責任保険』『障害保険』『車両保険』です。

それぞれの特徴を簡単に見てみましょう。

 

 

【賠償責任保険】

 

  事故相手の人や物に対する保険で、相手にケガさせたり、車を壊してしまった場合に保険金が支払われます。

 対象が「相手の」というのがポイントです。

 

  細かく分けると、

 

  ・対人賠償保険 

    他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合を対象とします。

 

 

  ・対物賠償保険 

    他人の車や壁、またはガードレールなどの公共物を破損させてしまった場合を対象とします。

 

などがあります。

 

 

【障害保険】

 

  自分や同乗者に対する保険で、ケガなどの入院、通院費または死亡してしまった場合などに保険金が支払われます。

 対象が「身内側」「ケガ(死亡)に対して」いうのがポイントです。

 

  細かく分けると

 

  ・搭乗者傷害保険

    運転手を含むすべての同乗者がケガや死亡してしまった場合を対象とします。

 

  ・自損事故保険

    単独事故の場合を対象とします。

 

  ・無保険者障害保険

    相手が対人賠償保険に加入していない場合や賠償金を支払う能力がない場合を対象とします。

 

  ・人身傷害補償保険

    ケガをした場合の治療費などを自身の過失分も含めて全額負担してもらえる保険

 

があります。

 

 

【車両保険】

 

  自分自身の車に対する保険で、事故で車が故障、破損してしまった場合の修理費などが支払われる保険です。

 対象が「自分の車」というのがポイントです。

 

以上のように分かれています。

 

このほかにも保険会社によって様々な保険がありますが膨大な量になりますのでここでは割愛させて頂きます。

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 次回からは上記の種類の中から特に重要な項目をピックアップして詳しくご説明させて頂きます

 

アクセス

所在地〒818-0104 福岡県太宰府市通古賀3丁目16-15 陶山ビル1F
駐車場6台あり
予約しておりません。
電話番号092-922-8779
休診日GW、お盆、年末年始